渡哲也

雪わり草 – 渡哲也 歌詞

あてもないのに 夕げの支度いつもおまえは ふたりぶん雪わり草の 好きなやつ日陰の恋に 耐えるやつ薄い情を うらんでおくれあれからふた冬 もうすぎた飾り…

Read more »
渡哲也

風車 – 渡哲也 歌詞

飲みすぎた わけではないが今夜の酒は ひとりがしみる夢は通せんぼ 女はかくれんぼ俺は今日まで道草ばかり飲むほどに 酔うほどに つれもどす思い出 クルク…

Read more »
千昌夫

ふるさとの祭り – 千昌夫 歌詞

風に流れる 白い雲見れば浮かぶさ ふるさとの ふるさとの祭り頑固なおやじが 自慢の民謡(うた)をこの日ばかりは はしゃいで唄う心がふるさとに 飛んで飛…

Read more »
画像がない

不断草 – 小林幸子 歌詞

叱られながら 日暮坂まつわりついた 母の膝働き疲れた かたい手はそれでもいつでも 暖かかったききわけのない 涙の跡が沁みていそうな あなたの着物丈をの…

Read more »
森昌子

せんせい – 森昌子 歌詞

淡い初恋 消えた日は雨がしとしと 降っていた傘にかくれて 桟橋でひとり見つめて 泣いていたおさない私が 胸こがし慕いつづけた ひとの名はせんせい せん…

Read more »
画像がない

いたわり – 渥美二郎 歌詞

なんで今夜も悲しげに酔っているんだ なあ おまえうわさも とだえた あんなやつ忘れてしまいな おいらの胸で化粧落とした その顔におさなさ残る 朝の顔お…

Read more »
画像がない

あんたが主役 – 祭小春 歌詞

アー 嘆くな嘆くな お父さん泣いたらカンコ鳥 笑うだろ調子に乗ったら ブタも木に登るとか熊が踊り出すとかさあさ調子に 乗りましょうこんな時にゃ こんな…

Read more »
福田こうへい

蟹工船 – 福田こうへい 歌詞

蟹を網から むしりとる腕にしぶきの 牙が立つ船は木の葉だ 川崎舟だどうせ稼ぎは 知れてるがドッコイドッコイ 度胸は千両だ女子土くれ 青畳グッと生つば …

Read more »
画像がない

想い酒 – 三船和子 歌詞

お酒を飲むたび 浮かぶのは愛して別れた 人のことああ 涙では たりないこのつらさ信じたあなたで いてほしい今夜もひとり 想い酒ふたりで暮らした この部…

Read more »
牧村三枝子

みちづれ – 牧村三枝子 歌詞

水にただよう 浮草におなじさだめと 指をさす言葉少なに 目をうるませて俺をみつめて うなづくおまえきめた きめた おまえとみちづれに花の咲かない 浮草…

Read more »