秋岡秀治

河内人情 – 秋岡秀治 歌詞

生まれも育ちも 生駒の麓ガキの頃から 声自慢のれん屋台で 冷や酒あおり酔えば十八番の 演歌節がでる聞いておくれよア… お月さんエ… さては一座の皆様エ…

Read more »
長山洋子

蒼月 – 長山洋子 歌詞

惚れた男の みる夢を一緒に見るのが 女ですあなたの無事を 晴れの日を流れる星に 祈ります満つる月夜は 鷹になれ月が翳(かげ)れば 眠りゃいいあなたの満…

Read more »
画像がない

南紀白浜 – 水森かおり 歌詞

ばかな女と 叱るよに波の飛沫(しぶき)が 砕け散る南紀白浜 三段壁(さんだんぺき)に捨てに来ました この涙いいのです いいのです生きて行けるわ 今日か…

Read more »
三沢あけみ

酔うほどに – 三沢あけみ 歌詞

酒よ今夜も 酔わせてよ季節はずれの 冷たい雨は未練をつれてた 通り雨ああ酔うほどに ああ酔うほどに過去(むかし)忘れの 酒気分(ごころ)酒に慕(おも)…

Read more »
天童よしみ

酔ごころ – 天童よしみ 歌詞

あきらめきれず 死ねもせずどこかに捨てたい 心の悩みお酒のしずくは・・・私の涙よ・・・あなたを忘れる すべもない男の恋は芝居でも女は浮気で 惚れたいし…

Read more »
伍代夏子

ひとり酒 – 伍代夏子 歌詞

あなたと肩を並べて飲んだお酒が恋しい 雨降る路地はおまえと呼ばれて 抱かれた夜の女のしあわせ お猪口(ちょこ)についでチビリチビリ チビリチビリ…夜の…

Read more »
画像がない

たった二年と二ヶ月で – 水森英夫 歌詞

小さな部屋でも お城と信じ小さな愛でも 命と信じたがいにつくして 暮してきたが今日から他人で 別れる二人誰をせめたらいい 誰と泣いたらいいたった二年と…

Read more »
画像がない

大勝負 – 原田ゆかり 歌詞

為せば成る成る 為さねば成らぬどんとやりぬけ 男なら腹におさめた 大きな夢を捨ててたまるか ぶち当たれ意地だ根性だ 大勝負惚れていりゃこそ 笑顔のまま…

Read more »
天童よしみ

酒きずな – 天童よしみ 歌詞

一度 結んだ 命のきずな結び 通して どこまでもこれが 二人の 生甲斐ですと決めた心に…エエエ… 嘘はない晴れて 添えない この世の運命怨む気持ちは …

Read more »
画像がない

酒とバラの日々に – 黒沢年男 歌詞

酒を片手に女を抱きよせ浮かれ仲間と騒いだあとはみょうにしらけた自分がみえてなぜか心がしくしく痛むやたら刺激に食いつきたくて夢を追いかけ若さが走るだけど…

Read more »