加門亮

男のグラス – 加門亮 歌詞

グラス揺らせば カラカラ カラと胸の虚を 胸の虚ろを 氷が嗤うこのままわたしを 盗んでと縋ったあいつの 一途さが男ごころを 又ゆする北のとまり木 あゝ…

Read more »
藤あや子

女泣川 – 藤あや子 歌詞

しあわせですと 嘘をつくわかってください 女の見栄をへたな芝居に 合わせてくれるあなたの変わらぬ 思いやりくずれそうです…おんな泣く川 女泣川(おなき…

Read more »
大月みやこ

こぼれ酒 – 大月みやこ 歌詞

空ろな酒に 染み残るあなたの面影 盃 置けば酔いさめて酔いさめて肌の寒さよ夫婦暮らしの 真似事も思い出されて ああ やるせなやあなたと別れて 幾年か思…

Read more »
牧村三枝子

北のかもめ – 牧村三枝子 歌詞

海は荒れてもョ…かもめは飛べるよ私ゃとべない身の上だから涙ながして海をみるあゝ…いつになったら春が来る寒い北風 便りをはこべ北のかもめよ 便りをはこべ…

Read more »
三沢あけみ

女のゆきどけ – 三沢あけみ 歌詞

水割り一気に 呑みほして出直さないかと 聞くあなたあなたあなたの 真情(まごころ)に頬を泪が 走りますほんとに私で いいのでしょうか淋しさまぎれに 死…

Read more »
藤あや子

花のワルツ – 藤あや子 歌詞

夢で逢いたい抱かれたいあなたの愛の 陽(ひ)だまりに花よ、花、花 散らないでこの世に生きる不条理(かなしみ)におし流されてしまいそう泣いちゃいけない …

Read more »
小柳ルミ子

桜前線 – 小柳ルミ子 歌詞

雪どけ水の せせらぐ音に失くしたものを 想い出しますローカル線で 見知らぬひとと膝つきあわす 恥ずかしさ曲がりくねった 心の旅路にちいさな陽だまりが …

Read more »
画像がない

別れたそうね – 増位山太志郎 歌詞

別れたそうねと 和服のママがやさしい目をして 迎えてくれるあなたは おぼえているかしらはじめて誘われ 飲んだ店ふたりの名前で ボトルをいれました電話で…

Read more »
増位山太志郎・長沢薫

夜の恋の物語 – 増位山太志郎・長沢薫 歌詞

冷(ひ)えた指して どうして泣くのいいえあなたが やさしいからよ吹雪舞う夜 すすきのへ来たから舞子と つけましたああ……札幌に 恋の花咲け そっと咲け…

Read more »
ニック・ニューサー

放されて – ニック・ニューサー 歌詞

水に七色 ネオンの花は夢がありそに 浮かれてるけど私はあんたに 放されたままひとり曽根崎 はぐれ鳥忘れなあかん…忘れなあかんあんたなしでは よう生きら…

Read more »