画像がない

おもかげ列車 – 松原のぶえ 歌詞

すがる心を 引きさくようにベルが鳴る鳴る 夜の駅もうこれきりね 見おさめね手をふれば涙で 涙で見えないおもかげ列車どんな運命(さだめ)が 待ち受けよう…

Read more »
上沼恵美子

大阪めぐり愛 – 上沼恵美子 歌詞

幸福そうだね 安心したよ照れた眸をして 微笑むあなた俄か雨よけ 入った店でまさかあなたに 逢うなんてこころが揺れる 過去にもどる大阪めぐり愛気のせいで…

Read more »
都はるみ

桜時雨 – 都はるみ 歌詞

負けないで 生きてゆこうねとおみくじ結んだ 銀閣寺寄り添いながらも 遠くなるさだめを怨んで 泣いた日の愛しさ 哀しさ また呼び返す桜時雨は 面影しぐれ…

Read more »
画像がない

雪つばき – 大杉美栄子 歌詞

酔ってつぶれる このおれにいつもだまって 肩をかすおれと おれと 逢わなきゃ しあわせをとうに掴めたはずなのに雪つばき 雪つばき何を好んで 冬に咲くだ…

Read more »
画像がない

湯の町しぐれ – 大川栄策 歌詞

ひとり旅路の にが酒よりもさぞや つらかろ 浮かれ酒ひと目逢いたい やつれた肩を抱いてやりたい ネオン花噂 かなしい 湯の町しぐれ好きで添えない さだ…

Read more »
殿さまキングス

雪国 – 殿さまキングス 歌詞

倖(しあわ)せをあきらめた 恋ゆえに旅する仕度(したく)の あなたに泣ける女のみれんが 雪になりつれて行ってと 肩に舞う赤い涙が散る散る湯の町椿(つば…

Read more »
画像がない

あんたの女房 – 三船和子 歌詞

うちはあんたの 女房やないか後押しさせてや 人生を一花も二花も 咲かせてこそが男姿の 鯉のぼりきばってや きばってや負けたらあかんうちはあんたの 女房…

Read more »
島津亜矢

度胸船 – 島津亜矢 歌詞

人を押しのけ 出世のできる柄じゃないぜと あきらめて北へきたんだ 千島の海に眠る親父を ゆりおこし唄う男の 度胸船親父来たぞと 吹雪を呼べば風がほめる…

Read more »
画像がない

お吉恋物語 – 真木柚布子 歌詞

過ぎてしまえば 昨日は昔変わるさだめの 浮き沈みみんな夢だね お月さん罪もないのに 世間の人が差すは冷たい うしろ指好きな人とは 添い遂げられず無理に…

Read more »
画像がない

あばれ船 – 貴華しおり 歌詞

海が冴むきゃ血汐が燃える男度 胸の 北 漁場たかが 嵐さ 荒波しぶき弱音吐くほど柔じゃない命捨て身の あばれ船どうせ浮世の 短い命天にまかせて 舵を取…

Read more »