三門忠司

俺の出番が来たようだ – 三門忠司 歌詞

肩を寄せ合い 世間の隅で涙こらえて ひっそり生きて来た惚れた女に一度だけ見せてやりたい 幸せを俺の出番が 来たようだ 来たようだ噛んでこらえた 堪忍袋…

Read more »
画像がない

北海船 – 松村和子 歌詞

花と砕ける でっかい波も俺にゃ揺篭 北海育ち親父ゆずりの やん衆船でめざす漁場は はるかな沖で掛声あわせて巻網引けば男の夢がある陸で待ってる おふくろ…

Read more »
都はるみ

総司絶唱 – 都はるみ 歌詞

「死んじゃいやです」「バカを言うなよ」さしかける 蛇の目の傘を たたく雨花にそむいて 命をかけるバカな男の バカな男の うしろ影夢かうつつか いまもな…

Read more »
中村美律子

河内酒 – 中村美律子 歌詞

毎度 毎度 ご贔屓 頂きまして男冥利の 晴れ姿意気で呑みほす エンヤコラセー河内酒だよ ドッコイショ升で一杯 景気をつけりゃうまれながらの悪声も唄う気…

Read more »
鳥羽一郎

来島海峡 – 鳥羽一郎 歌詞

嘘も誠も 飲み込んで潮は流れる 青々とのせられた ふりをしてしかけた者の 鵜綱をぐっとつかんで ふりまわす男の海だよ 来島海峡わしの相手は 世界じゃぞ…

Read more »
角川博

女のしあわせ – 角川博 歌詞

命までもと あなたにささげた恋なのにいくらなんでも ひどいわお別れなんてあなたわたしの 何処がそんなにいけないの悲しくて 悲しくて 涙が止まらないわた…

Read more »
野中さおり

女将一代 – 野中さおり 歌詞

おんな細腕 夢八文字に意地と真実を結んだ 結んだ襷女将一代 苦労の水で涙とかして 引く紅にこめた念願は ただひとつ男勝りが 男に負けて愚痴をこぼせば …

Read more »
秋岡秀治

男の花道 – 秋岡秀治 歌詞

一に稽古だ 三四に稽古耐えて根性で ぶち当たれ十と五尺の 土俵の上で散らす火玉の あゝ大勝負かけて悔いない かけて悔いない この命俺の往く道 相撲と決…

Read more »
山川豊・大石円

愛に溺れて – 山川豊・大石円 歌詞

逢うたびに君は きれいになるね水辺にあやめが 咲くように恋が私を 変えたのよ静かな心の 湖に小石を投げた その人は教えておくれ 誰なんだその目に訊いて…

Read more »
画像がない

冬の雷鳴 – 水森かおり 歌詞

越後線から 羽越線(うえつせん)乗りかえ駅は 風の中あなたとふたりで 来るはずだった冬の初めの 日本海鉛色の 空に稲妻冬の雷鳴が 吠える突然すぎた さ…

Read more »