五木ひろし

ふりむけば日本海 – 五木ひろし 歌詞

北へ急ぐ女(ひと)も 西へむかう男(ひと)もみんな背中に 夢を ひとつずつしょっているだけど おれは ひとりあてもなく 海ぞいの町をゆく帰りたい 帰り…

Read more »
画像がない

霧のかもめ唄 – 城之内早苗 歌詞

心配ないよ君なら 一人でやっていけるとあなたはやさしく 微笑んだ最後の最後に 言訳けなんかはいらない そんな恋じゃないわたしはかもめ 海峡を羽ばたく …

Read more »
画像がない

紅い月 – 石原詢子 歌詞

ひとり恋化粧ときめくこころで夜の道人の眼を避けながら 逢いに来たあなた好みに 結(ゆ)いあげた髪をやさしく 解(ほど)かれてこの生命… 燃えてゆく…あ…

Read more »
五木ひろし

雪燃えて – 五木ひろし 歌詞

細雪(ゆき)の螢を 縺(もつ)れて追いかける指先寒かろと そっと噛む隠れ杉木立 抱いて抱きくずれたとえ辻ヶ池 この身投げても雪燃えて あかあかと月冴え…

Read more »
五木ひろし

アカシア挽歌 – 五木ひろし 歌詞

霧の…降る夕暮(よる)も雨の…降る夜明(あさ)も心の振り子を ゆらしてるお前アカシアの花が咲く 北のこの町で面影いまでも 抱きしめるけど出来るならあの…

Read more »
画像がない

風花の恋 – 角川博 歌詞

添えなけりゃ叶わぬ 夢のままでいいはじめから覚悟を きめた道でした渡る火の河 夜の河返る言葉があればこそ逢瀬うれしい 風花の恋唇をかさねりゃ 熱く溶け…

Read more »
五木ひろし

逢えて…横浜 – 五木ひろし 歌詞

泣くのはおよしよ 逢えたじゃないかずっと今夜は 側にいてあげる港の灯りが 雨に滲んでるあの日のように霧も 二人を包むもっとお寄りよ 髪が濡れてるお前が…

Read more »
五木ひろし

望郷の詩 – 五木ひろし 歌詞

海鳥よ ここに来て こんやは眠れ子守唄きかせる 波もやさしい水平線に陽は昇るそしたら旅立つこともいいいつの日かつばさを休めにおいであぁ 望郷の島 三宅…

Read more »
五木ひろし

早春 – 五木ひろし 歌詞

生きてきたから 朝がある朝に春まで 重なってやっと心の おもたさがとけていったと 嬉しがるあなた こちらは 春よ春風がいくらか のこってもみどり芽をふ…

Read more »
五木ひろし

北物語 – 五木ひろし 歌詞

愛の切符を捨ててしまって女ひとりが迷いますやさしさに負けそうな 頼りなさ両の手に 荷物では重過ぎる 重過ぎるどうして 北へ来たのでしょう心が冷えて泣き…

Read more »