だれかが風の中で – 上條恒彦 歌詞

だれかが風の中で - 上條恒彦

曲情報

曲名:だれかが風の中で
アーティスト名:上條恒彦
作詞:和田夏十
作曲:小室等
発売日:1999/11/26

 

だれかが風の中で – 上條恒彦 歌詞

どこかで だれかが
きっと待っていてくれる
くもは焼け 道は乾き
陽はいつまでも沈まない
こころはむかし死んだ
ほほえみには会ったこともない
きのうなんか知らない
きょうは旅をひとり
けれどもどこかで
おまえは待っていてくれる
きっとおまえは
風の中で待っている

どこかで だれかが
きっと待っていてくれる
血は流れ 皮は裂ける
痛みは生きているしるしだ
いくつ峠をこえた
どこにもふるさとはない
泣くやつはだれだ
このうえ何がほしい
けれどもどこかで
おまえは待っていてくれる
きっとおまえは
風の中で待っている